実家のピアノ

昔から実家にある親の古いピアノ
子供の頃に親が買ってくれたのだがもはや誰も弾かなくなってもう何十年も経っていませんか?
ただでさえ物で溢れかえってている実家には邪魔なだけなのでいっそ処分しようかと考えていませんか?
意外とピアノって高く売れることも知っておいてくださいね。

実は実家のピアノはこんな風に専門業者が引き取ってくれます。

実家のピアノの処分

実家のピアノを処分しては?もう誰も弾かないし邪魔なだけだから

実家のピアノ
実家のピアノはとても場所をとっているものです。
そんなピアノが無くなるとお部屋はグッと広くなります。
それはわかっていても古い実家のピアノって「どうやって処分したらいいのか?」わかりませんよね。

実はピアノって意外と高く買い取ってくれるのです。
古い中古のピアノはピアノ引き取り専門業者が買い取って中国やベトナムなど発展途上国などに輸出されているのです。
処分してゴミになるよりも世界の誰かに役に立つのであれば、そのほうがお父さんやお母さんも喜ぶのでなはないでしょうか?
せっかく親が子供のあなたのために高いお金を出してまで買ってくれたピアノです。
ゴミとして処分するよりもそのほうが罪悪感も少なくありますよね。で

実家の古いピアノを処分したらグッと部屋が広くなる

<実家のピアノ

いくyらコンパクトなアップライトピアノであってもお部屋中での存在感はすごく大きくてかなりの場所を占めてしまっています。
大きなピアノがそこにあるのは当たり前?
そう感じているからこそ、
「今までこんなに場所を占めていたのか?」
とピアノを引き取ってもらった後にできたスペースに驚く方もい少なくありません。

実家のピアノの処分で悩む方は少なくありません

実家のピアノ
実家のピアノ
捨てるに捨てられない
動かそうとしても動かせない
そんな悩みを抱えチェいる方も少なくないのです。

実家のピアノをどうするか、相談に乗ってください。
実家には、私が使っていたピアノがありますが、もう30年以上前の古いもので、ここ10年以上弾いていません。
私には娘が二人いるので、いつかピアノを習いたいと言うかもしれないと思い、今のところそのままにしています。
私の親は、邪魔になるからいるなら持っていって欲しいと言っています。(その場所をあけてマッサージ機を購入したいそうで)
ですがうちにピアノを運ぶにも、マンションなので送料もかなりかかると聞きますし(1階あがるに連れて1万円UPとか・・)所有していれば調律費もかかります。
本当に娘たちが使ってくれるなら良いのですが、今のところ時間的にピアノを習う事はできません。
そこで思ったのが、この古いピアノは手放して、いつか娘たちがやりたいと言い出したら電子ピアノを買うという方法です。
電子ピアノがどのようなものなのか分からないんですが、マンションが多い現在では、電子ピアノを買う家が多いと聞きました。
ヤマハのものでも20万くらいで買えるようですし、うちにピアノを運ぶ費用を考えたらあまり変わらないのではないかと思います。
でも、古くても本物のピアノを弾かせてあげたほうがいいような思いもあったり、長年実家にあった思い出のピアノを手放すのも切ないです。
皆さんも、ご実家に昔使ったピアノがあったりするのでしょうか?
どうするのがベストか、アドバイスをお願いします。

【ベストアンサー】
私の実家にもピアノがあります。
我が家の場合、母が移動することを考えていないので、
毎年律儀に調律してくれていて、私が帰省したときに弾いて
子供が喜んでいる感じです。

さて、質問者さんの場合、私が同じ立場だったら、ピアノを中古として
売ると思います。

もう大分弾いていないようですし、思い入れがあるのであれば、尚更
可愛がってくれる方に「お嫁に出す」と言う気持ちで、出されたら
どうでしょう?

マンションは電子ピアノのほうが無難です。

将来一軒家を購入予定であれば、また考えは変わりますが、転勤するなら
大きなピアノはかなりの経済的負担です。

ちなみに私にも2人、娘がいます。
上が年長、下が年少ですが、メロディオン(ピアニカともいいます)を練習するのは
好きだけど、「ピアノはやらない」と言うので、入学後に言われてもおそらくやらせません。

やるなら入学までがリミットですので。自分が習った立場からわかります。
やるなら幼稚園の頃に始めないと、手は動きません。
情操教育でしたら、お絵かき教室などもあるので、そっちで対応します。
転勤族の立場の私でしたら「電子ピアノ」に軍配です。

引用:ヤフー知恵袋より

せっかく親が買ってくれた実家のピアノを処分するのは寂しいけれど


確かに子供からすればせっかく親が高いお金を出してくれてまで買ってくれた実家のピアノ
処分することには「罪悪感」や「寂しい気持ち」もあって当然です。
しかし、このままずっとホコリまみれで置いておくことよりも、そろそろ何か決断をすることも考えたほうが良いのではないでしょうか?

おすすめピアノ一括査定業者
>>ピアノ一括無料査定【引越し侍】