空き家の実家の片付け、あなたはそれを見て見ぬふりをしていませんか?
「実家の片付けかぁ?いつかはやらないとなぁ・・・」
そう考えたのは何年前ですか?

もしかして相続した空き家の実家はこんな状態ですか?

もしこんな状況なら実家の片付けは自分でやるのは諦めて業者に任せた方が得策です。

実家の片付け
それを考えるだけで憂鬱な気分になりますよね。
実家の片付けって最初は頑張ってはみても多くの方が途中で挫折して諦めてしまうのが大半です。
その大きな原因が
実家の片付けは自分たちだけでやるもの
と勘違いされているからかも知れません。



実家の片付けニーズはすごく高まっています。
たくさんの実家の片付け業者も雨後の竹の子のようにたくさん現れてきています。
でも、実家の片付け業者は慎重に選んでくださいね。
後ほど詳しくお話ししますが、実家を片付けたい方の無知に付け込んでぼったくり業者も多いのです。

ぜひこの記事を読んで実家の片付けの最初の一歩を踏み出してください、。
「よし!実家の片付け もう一回 チャンレンジしてみるか!」
そんな気持ちになっていただければこれ以上の幸せはありません。
実家の片付けに再挑戦

実家の片付けはめちゃくちゃ大変な理由

実家 片付けられない

実家の片付けは思った以上に大変なのはもうあなたの百も承知のはずです。
そんな大きな試練の「実家の片付け」を断行するには大きな動機付けが必要です。
ここでは
どうして実家が片づけられないのか?
その理由と原因についてまずはしっかりと認識しておきましょう。

実家の片付けが大変なのは親との思い出も一緒に捨ててしまう辛さがあるから

今も空き家のまま放置している実家の状態は
亡くなった親が今もそこに住んでいるかのようなそのまんまの状態
ではないですか?
「ただいまぁ!」
と声を掛ければまるで
「おかえりぃ!」
と親の声が聞こえそうですよね。
そんな状況の実家をいつまでも片付けられないのは
実家を片付けると親がこの世に生きていたことをすべて否定してしまいそうで・・・
亡くなった親の死を受け入れられないから実家の片付けはできない・・・
そんな罪悪感悲しみが大きな理由かもしれません、

実家を片付けていたら涙が止まらなかった

でも、いつか実家の片付けはやらなければいけないことはあなたもうすうす気づいているはずです。

実家の片付けが大変なのは子供にはとても辛い試練だから

実家の片付けは残された子供にとってはとても辛い作業です。
お茶碗ひとつでも、親との思い出が詰まっています。
ああ、このコップで親父 よく晩酌のビールを飲んでたなぁ・・・
お母さん、よくこのフライパンで私のお弁当の卵焼き 作っていたわね・・・
おふくろ、このミシンでよく俺の破れた体操服 縫ってくれたよなぁ・・
もう今後 絶対使うことはない?
そんなことはわかっていますが、親との思い出が蘇る品物を簡単には捨てられないのも当然です。

しかし、いつまでも実家の片付けから逃げているとそのツケは大きい

実家を片付けられない
そんな子供たちにいずれ大きなツケが回ってきます。
それが空き家の実家の維持管理費用です。
固定資産税や都市計画税
毎年毎年しっかりと役所から請求書が届きます。
1年単位ではなんとかなってはいてもそれが10年20年ともなればその金額はとんでもないものになります。
また、その空き家の実家の維持管理の費用負担で兄弟たちともギクシャクしてしまうこともあります。

空き家の実家の維持費は毎年数十万円になることも

毎年の庭の雑草の草刈りも大変ではないですか?。
放置していたらあっという間に自分の背丈まで伸びていき、お庭はもはや草というより林みたいな状況になります。
なにより大変なのは維持修繕費です。
住んでいない空き家の実家はあっという間に傷んでしまいます。
雨漏りなどを気付かず放置していたら、その修繕費はべらぼうなものになります。

実家の片付けが大変でも放置して大迷惑なのはあなたの子供たちとご近所さんです

片付けられない実家で大迷惑なのはご近所さんとはあなたの子供たち

この実家の片付けがどれだけ辛く大変なことか?
それは親が住んでいた実家を片付けた経験から痛いほど私も良く知っています。
それでもあえて言わせていただきます!
「今すぐに実家の片付けを始めなさい!」

それは今はあなたの代の問題ですが、これが後10年20年経てば次の世代、つまりあなたの子供たちが大迷惑になるのです。
たとえば、10年後20年後にいざ実家を片付けようとしても、もはやあなたやあなたの兄弟姉妹たちはもうこの世にいないかもしれません。
そんな状況で空き家の実家を片付けようとしても、片付けなくてはいけない人は誰でしょうか?
その実家の相続人はあなたの子供はもちろんのこと他にあなたの甥や姪たちなのです。
従兄弟(従姉妹)同士で実家の片付けなんてできるわけはありませんよ。

さらにもっと迷惑なのはご近所さんです。
放置された空き家の実家は大変な近所迷惑な家なのです。
防犯
防火
害虫
みんな大迷惑で、これはもはや社会問題にまでなっているのです。

放置された空き家の実家でご近所さん大迷惑

こんな林修先生の言葉は決して言い過ぎではありません。
なぜなら、今すぐ実家の片付けをしないともうできないかしれないからです。
今 あなたは何歳ですか?
実家の片付けには他の兄弟たちの協力が必須ですが、その兄弟たちは何歳ですか?
あと10年も経てばみんなもうお年寄りになってしまいます。
その時にあなたや他の兄弟たちに実家を片付ける気力と体力は残っていますか?
片付ける実家が近所ならまだしも、遠く離れた田舎なら帰省するだけでヘトヘトです。
だからあなたや他の兄弟あっちに実家を片付ける体力気力が残っているうちに実家の片付けは始めてくださいね。
実家の片付けに再挑戦

いかがですか?
これであなたも実家の片付けにチャレンジしてみる気持ちになりましたか?
さあ、ここからが実家の片付けの本番です!
まだまだ大変なことは山積みになっています!
いつまで経っても終わらないのが実家の片付けです。
私は「実家の片付けは業者に任せた方が早く!楽ちん!」と考えていますが
あなたはどう考えますか?

実家の片付けは大変だから任せるところは片付け業者に任せた方が良い理由

実家の片付けは業者に任せた方が良い理由

下手に実家の片付けを自分たちだけでやろうとするから途中で投げ出してしまうのです。
それはこんな理由からなんです。

わざわざ帰省して実家をコツコツと片付けるなんて無理

コツコツ実家の片付けをする?
それが実家の片付けにおいては間違った行動ともいえます。
なぜなら
コツコツと実家を片付けるなんて不可能
だからです。

実家の片付けで大変なのは他の兄弟全員そろえること?

「さあ、実家を片付けるわよ」
そんな決意をしても他の兄弟たちのスケジュールを合わせることは至難の業です。
そんな協力してくれない兄弟たちをアテにせずに自分ひとりでコツコツを実家を片付けだしても

あっ?これお兄ちゃんの卒業証書がでてきたわ
冷蔵庫とかテレビとかどうやって処分すればいいの?
こんな大きい家具 ひとりじゃ動かせないわ
あら、こんなに昔の写真がいっぱい出てきた。あの頃母さんも若かったわねぇ」(涙が流れる)



実家にある荷物を捨てるにしろ、整理するにしろ他の兄弟たちへの相談や確認も必要になります。
自分に関係する物ならともかく、他の兄弟たちにも捨てるか?残すか?相談しないといけない物が数多く出てくるのが実家の片付けです。
でもみんな「実家の片付けからは逃げ出したい」というのが本音です。
あぁ、その日は仕事があって・・・
最近 忙しくて帰省する時間はないよ
なんだかんだ言っては実家の片付けには非協力的なものです。

実家の片付けに何回帰省しますか?

実家の片付けは1日で終わるものではありません。
片付けだしてからすぐにそのことに気付くはずです。
片付けても
片付けても
片付けても
一向に片付かないのが実家の片付けなんです。

大変な実家の片付けは短期決戦じゃないと終わらない

実家の片付けは一気に終わらせないといけません。
チマチマやっていてはいつまで経っても実家は片付かないのです。

例えば粗大ごみや不用品の回収
これを自分でやるとなると
巡回する不用品回収の日時を調べて手続きをしてその日その時間に指定された場所に出す。
これは大変面倒なことなのです。
それも一度に出せる量や数は限定されています。

粗大ごみや不用品の種類やサイズを調べてその処分費用のシールをコンビニで買って貼る。
さらに指定された日時と場所にその不用品や粗大ごみを出しに行く。、
そんなコツコツ小分けにして実家の粗大ごみや不用品を出すって大変なんです。

時間と労力を考えたら実家の片付け費用は高くない

実家の片付け業者の費用の目安はこんな感じです。

実家片付け業者の費用の目安

項作業人数(車両) 費用の目安
1K 1~2人(軽トラック1台) 39,800円~
1DK 2~3人(2t車1台) 49,800円~
2DK 2~3人(2t車2台) 69,800円~
1LDK 3~4人(2t車2台) 89,800円~
2DK 3~4人(2t車3台) 109,800円~
2LDK 4~5人(2t車3台) 129,800円~
3LDK 4~5人(2t車4台) 149,800円~


もちろん、ケースバイケースで費用は変動しますから参考程度にして下さい。

この実家の片付け業者の費用を見てどうお感じになりますか?
「うわっ!高っ?」
と思われますか?

何度も何度も実家の片付けに帰省する交通費や滞在費
粗大ごみや不用品の回収にかかる費用と手間
他の兄弟たちのスケジュール調整
それらの手間や労力を考えたら決して高くはないと思います。

実家の片付け業者の費用を安く抑えるコツ

実家の片付け業者の費用を安く抑えるコツ

実家の片付けを業者に任せるとしても、なんとかその片付け費用は安く抑えたいですよね?

実家の片付け業者で一番高いのが実家の片付け業者の人件費なんです。
意外とごみの廃棄処分費用はたかが知れているのです。
では、この人件費を抑えるのにはどうすればいいのでしょうか?
それは、予め出来る範囲で処分や整理できるものは自分たちでやっておくことなんです。
実家の片付け業者にさせるのはゴミの搬出と処分だけの状態にしておくことが実家の片付け業者の費用を安く抑えるコツです。

実家に片付け業者を呼ぶ前に事前荷物整理

いざ現場の実家まで片付け業者が来た段階で
これは処分してください
これは残します
そんなことをいちいち実家の片付け業者に指示をしなければいけない状況ではあっという間に日が暮れてしまいます。
実家の片付け業者の作業時間が短くなればなるほど、実家の片付け費用は安くなるのです。

ただ、いくら事前に自分たちだけで遺品整理をしていてもなにかしらのトラブルは日常茶飯事ですけどね・・・

実際の実家の片付けの現場動画

依頼者の要望で実家の片付け業者の作業は中断することはよくあることなんですよ。
まあ、それもひとつの思い出になります。

実家の片付けって「」だけでなく「笑い」もたくさんあるものなんです!
今回の実家の片付けも「そんな風になればいいなぁ」と願っています。

実家を片付ける順番をきちんと考えておく

まずは自分たちできる範囲での実家の片付けをチャレンジして下さい。
ここで重要なのは
自分たちで出来る範囲
ということです。
無理をすれば重い物を足に落としたり、階段から落ちてしまったり、ぎっくり腰になったりと踏んだり蹴ったりな実家の片付けだけは避けなければなりません。
くれぐれもお怪我をされないように細心の注意を払ってください。

実家を片付ける順番は外から、1階から、見える所から

自分たちでやる実家の片付けで重要なのは
実家を片付ける順番を決めておく
ことです。
闇雲に行う実家の片付けは逆に片付けの効率を著しく落としてしまうものなのです。

実家を片付けるのには順番とコツがあります。
それに気づかない方の多くが途中で諦めて投げ出してしまうのです。
実家を片付ける順番とコツは
①まずは外にある物や外に近いところから片付けを始める
②まずは動線を確保するための片付けを始める
③まずは1階から片付けを始める
④まずは見えるところから片付けを始める
なんです。

この順番をお勧めする理由は
・片付けで物の移動を楽にすること
・片付けられない物の緊急避難先のスペースを確保すること
がとても重要だと私の経験から痛感したことからなんですね。

形見分けや遺品整理は早めに行っておく

できるだけ実家の片付け業者の手を止めないようにするには
予め形見分けや遺品整理を行っておく
ことが大事です。

実家の片付けと遺品整理

急いで行った実家の片付けは後悔することも多いことにも注意しましょう。

他の兄弟たちがなかなかそろわない?
そんなことも多いのが実家の片付けです。
ですが、できるだけ時間に余裕をもって事前にできる範囲の実家の片付けと遺品整理はやっておきましょう。
それは
急いで行う緊急的実家の片付けは後悔することも多い
からです。

予め兄弟が勢ぞろいする前に事前的実家の片付けを誰かがやっておくことをおすすめします。
実際に実家の片付け業者を入れての現場ではバタバタしていてひとつひとつ吟味できないからです。

兄弟の誰かの深い思い入れのあるものを間違って捨ててしまわないように
価値のあるものを間違って捨ててしまわないように

実家の片付け業者を探すコツ

おすすめ実家片付け業者

では、実家の片付け業者はどこに依頼相談すればいいのでしょうか?

私は実家の片付け業者はある程度の大手業者が安心で良いと考えています。

今は空前の終活ブームでもあり、たくさんの遺品整理業者が雨後のタケノコのように次か次へと誕生しています。
また引っ越し業者や解体業者など関連業界からの参入も多いです。
でも、そんな玉石混交の状態である実家の片付け業界ではトラブルも増えていますのでご注意ください。
国民生活センターも警鐘を鳴らしています。


特に事前見積もりに来た実家の片付け営業マンには
「追加費用が発生しないか?」
しっかりと確認しておいてください。
事前に依頼者から教えてもらった競合他社の見積もりからさらに値引きして受注する実家の片付け業者も少なくありません。
でも、どこもかかる経費はそれほど変わりません。
実家の片付けを受注するために見積もりは安くして、後で追加費用を請求するケースが後を絶たないのです。
つか費用を請求する悪徳実家片付け業者

だからこそ、実家の片付け業者はあるい程度の大手片付け業者をおすすめしています。

そこで、おすすめ実家の片付け業者も紹介しておきます。
実家の片付けの相談や見積もりは無料ですからお気軽に相談してみてください。

おすすめ実家片付け業者|ゴミ屋敷バスター七福神

ゴミ屋敷バスター七福神のおすすめのポイント
「ゴミ屋敷バスター七福神」は遺品整理業者の大手会社です。
大手ならではの対応エリアの広さと安心さがおすすめポイントです。
女性のお客様からの依頼には女性専門スタッフが派遣されるなど優しい配慮も好評です。
各メディアでの紹介実績も多数あります。
料金体系
軽トラパッケージプラン:19,800円〜
ハイエース(1トン)パッケージプラン:69,800円〜
支払方法
現金以外にクレジットカードやPayPayなどキャッシュレス対応可能
買取サービス
可能 ◎
即日対応
可能 ◎
損害賠償保険加入
加入済み
許認可番号
古物商許可証 和歌山県公安委員会 第651130000253号
産業廃棄物収集運搬処理業 第03006211514号 他提携有
一般廃棄物収集運搬処理業 提携
建設業許可 東京都知事許可(般-28)第077581号[株式会社紀伊国屋(グループ会社)]
所在地
【本社】
和歌山県西牟婁郡白浜町1778-6番地
【東京支社】
東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3F
【関西支店】
大阪府大阪市淀川区西中島6-3-24-L416
【東海支店】
愛知県名古屋市中区栄5-26-39 GS栄ビル3F
【営業所】
和歌山県和歌山市新中島134-1
  1. 追加料金一切なし。わかりやすい明瞭会計
  2. 各種クレジットカードでのお支払い可能
  3. 不用品は再利用・買取値引きでさらにお安
  4. 万が一でも安心。最高一億円までの補償
  5. WEB限定割引10%引きキャンペーン中

\大規模・小規模のゴミ屋敷をスピード清掃/
ゴミ屋敷バスター七福神 公式ホームページはこちら



実家の片付けで挫折しないコツ|このビフォーアフター動画で終わったらこんな気持ちになれる

実家の片付けはとても大変です。
でも、実家の片付けが終わった時にはまたこんな風に異なる感覚が生まれます。

実家の片付けのビフォーアフター

さあ、実家の片付けに重い腰を上げてみませんか?
他の兄弟たちにも声を掛けてみませんか?
実家の片付けの見積金額だけでも調べてみませんか?


\相談・見積もり無料|大規模・小規模のゴミ屋敷をスピード清掃/
ゴミ屋敷バスター七福神 公式ホームページはこちら